現在では若者を中心に性病に感染している人が増加しています。
性病に感染した場合は、早期発見と早期治療が大切になってきます。なので自分は性病なのかな?という疑いを持ったら早期にクリニックなどで性病検査をしましょう。性病検査専門のクリニックなどもあります。
性病は自覚症状がまったくないものもあるので、知らないうちに誰かに感染させてしまっている恐れがあります。
風邪などの病気の場合は誰から感染されたかははっきりとわかりませんが、性病の場合は誰から感染したのかはっきりとわかることが多いです。
エイズは発症までの期間が長いです。なので自覚が難しい病気です。エイズを完治させることは難しいですが早期発見であればエイズの症状を抑制することもできますので、疑いがあったらすぐに性病検査し早期発見することが重要になってきます。
性病は自から検査を受けるというのは恥ずかしいし、怖いという気持ちもあり受けにくいと思いますが最近では匿名性を主に考えたセルフチェック検査という性病検査もあります。

■性病とは
性病とはSTDとも呼ばれています。STDは英語の頭文字をとって付けられた言葉で「性感染症」のことをいいます。
性病の代表的なものは上記でも説明したエイズやクラミジア、カンジダなどです。
最近では10代を含む若い女性に性病に感染している人は増加しています。性病をそのまま放置しておくと不妊の原因や流産にもなりうる病気です。
自覚症状がないものが多いので、気になる人は一度性病検査を受けてみましょう。匿名で受けられるクリニックなどもあるので、自分に合ったクリニックを探しましょう。

Out Links

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし